top of page
20200713_153655%5B1%5D_edited.jpg

​古書防破堤について

古書 防破堤は2020年1月に東京都武蔵野市吉祥寺にオープンした古書店です。文学や思想書を中心とした人文書から映画や音楽など様々な芸術に関する本、さらにCD・レコードやDVD・Blu-rayなどのソフトまで幅広く扱っています。

営業時間

12:00〜20:00

木曜:定休日

20210402_194336_edited.jpg
ホーム: 営業時間

南波克行×西田博至

『映画クロストーク』

『キネマ旬報』でおなじみのおふたりが、話題の映画の魅力をとことん語りたおす大好評のライブイベント、第3回の開催が堂々決定! 世界の映画祭を席巻した話題作『関心領域』(5月24日より全国順次劇場公開)を取り上げます。進行役は、『キネマ旬報』でも進行と構成を務めた篠儀直子さん。誌面ではやむなくカットされるトークの圧倒的ボリュームと、何よりふたりの痛快な話芸もあわせて、余すことなくお楽しみください。

6月8日(土)19時30分開始 
映画クロストーク第3回『関心領域』
(第1回・第2回と開始時間が異なりますのでご注意ください)

古書 防破堤での現地観覧        2000円(当日精算

ZOOMウェビナーによるリモート視聴 1500円​(アーカイブあり)

※西田博至さんはリモートでの参加になります。
(イベント時間は90分程度を予定しております)

ご予約お待ちしております!

古書 防破堤での観覧をご希望の方はメールにてお申し込みを受け付けております。

ZOOMウェビナーでのリモート視聴をご購入の方はこちら→ 映画クロストーク第3回

配信当日、放送開始1時間前までにご購入いただきますとリアルタイムでご視聴いただけます。

​※ご購入には各種クレジットカード(visa・Mastercard・American Express・JCBなど)とPaypalコンビニ払いがご利用いただけます。

篠儀直子(しのぎ・なおこ)

翻訳者。映画批評も手掛ける。翻訳書は『フレッド・アステア自伝』『エドワード・ヤン』『ウェス・アンダーソンの世界 グランド・ブダペスト・ホテル』『SF映画のタイポグラフィとデザイン』等。『キネマ旬報』で星取りレビュー連載中。

 

南波克行(なんば・かつゆき)

映画批評家。『キネマ旬報』など多数寄稿。著書『宮崎駿 夢と呪いの創造力』、編著『スティーブン・スピルバーグ論』『トム・クルーズ キャリア、人生、学ぶ力』、訳書『フランシス・フォード・コッポラ映画を語る』、共訳『スピルバーグ その世界と人生』等。

 

西田博至(にしだ・ひろし)

批評家。批評誌『アラザル』同人。主に映画や現代の美術、文学などについて、批評文を書いている。『キネマ旬報』や『ユリイカ』で執筆。共著に『勅使河原宏』、『USムービー・ホットサンド』、『ジャン=リュック・ゴダールの革命』等がある。写真も撮る。

Screenshot_20240324-143130_Notepad.jpg

西中賢治 トークイベント
《Culture Mapping》

来る3月30日(土曜日)編集者・批評家の西中賢治さんによる《Culture Mapping》というトークイベントを開催します。

3月30日(土曜日)
20時開始 1ドリンク付き 2000円
(配信はありません)

お申し込みは、古書 防破堤のメールにて承ります。
info@bouhateibooks.com

お名前・人数・ご連絡先(電話番号)をご記入の上お申し込み下さい。
お申し込みが既定数に達しましたので予約受付けを終了致しました。




 

下記のリストが西中さんから頂いた当日語られるかもしれない作品たちです。 美術展、映画、演劇からテレビ番組まで。 様々な文化を横断的に語る中で各ジャンルに貫通する批評的視座(マップ)を見つけていく、そんな文化交流会的なイベントになればと思います。

《Culture Mapping》 2023-24AW 報告予定作品リスト

※この中からいくつかピックアップして、集中的にお話しする予定です。当日触れなかった作品についても、リクエストにお応えしてお話しします。

●小栗康平『死の棘』『眠る男』 

●佐内正史『静岡詩』(東京) 

●リチャード・セラ 「Circle, Diamond, Triangle」 

●ラグビーW杯2023決勝 ニュージーランドvs南アフリカ 

●劇壇ガルバ『砂の国の遠い声』 

●石川テレビ放送『日本国男村』 

●Take Ninagawa「デレク・ジャーマン展」/『カラヴァッジオ』 

●城山羊の会『萎れた花の弁明』 ●岡﨑乾二郎展「頭のうえを何かが」 

●M-1グランプリ2023 

●神田伯山 新春連続読み『畔倉重四郎』 2024 

●ワタリウム美術館「梅田哲也展」 

●小野彩加 中澤陽 スペースノットブランク『言葉とシェイクスピアの鳥』 

●Noism『お菊の結婚』 

●東葛スポーツ『相続税¥102006200』 

●松濤美術館「「前衛」写真の精神: なんでもないものの変容」 

●国立近代美術館「中平卓馬 火―氾濫」 

●東京芸術劇場『インヘリタンス-継承-』 

●東葛西1-11-6-A倉庫「THE COPY TRAVELERSのトッピングシャワー」 

●マームとジプシー『equal』 

●劇場ツアー『東京都目黒区駒場1丁目11−13』 

●アピチャッポン・ウィーラセタクン「太陽との対話(VR)」(東京)

81AJIMXzKCL.jpg

新しい小説のための読書会

古書防破堤では佐々木敦さんをホストに迎えて「新しい小説のための読書会」という読書会を

月に1回定期的に開催しています。

​第6回で取り上げるのは、デイヴィッド・マークソン著 木原善彦 訳『ウィトゲンシュタインの愛人』(国書刊行会)です。

​※新型コロナウイルスによる感染症の拡大防止のため、現在はZoomを使ったオンライン読書会として開催しています。

(終了しました)

ホーム: 商品一覧
20200713_153911%255B1%255D_edited_edited

本の買取します

お気軽にご相談ください 0422-57-3270

買取には大きく分けて3つの方法がございます。

店頭買取

店頭まで直接本をお持ちいただければ、1冊ずつ丁寧に査定させていただき、その場で代金をお支払いいたします。

免許証や健康保険証など本人確認ができるものを一緒にお持ちください。

出張買取

​一定以上の量(目安として100冊以上)がある場合には、出張費無料でお客様のご自宅などに車で直接うかがい買取をさせていただきます。出張可能かどうかは場所や本の内容などにもよりますので、まずはお電話やメールでご相談ください。​

武蔵野市近郊や都内以外でも埼玉や神奈川の一部の地域へも出張可能です。​

​郵送買取

​​お客様から当店に本を送っていただき買取代金をご指定の口座に振り込む形式です。

段ボールに売っていただける本などを詰めて、クロネコ便やゆうパックなどの着払いで当店までお送りください。

本の到着後査定額をお伝えしご了解いただければ指定の口座に代金を振込みさせていただきます。

送っていただく本には連絡先となる電話番号またはメールアドレス身分証明書(免許証や健康保険証)のコピー、お振込み希望先の口座情報を同梱してください。(身分証はスマートフォンで撮影した画像をメールに添付していただくかたちでも構いません)

お問い合わせ

古書防破堤

​〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-25-7 中山ビル201

0422-57-3270

  • twitter
bottom of page